生クリームを手で立てるときの正しい立て方

生クリームをホイップするときどのように手を動かしますか?

くるくると回しますか?

それとも卵を泡立てるように泡立てますか?

正解は動画に撮っています。

正解は「一文字に動かす」です。

生クリームは泡が入るから泡立つのではなく生クリームの中に溶け込んでいる脂肪球という脂肪の魂の幕が壊れて脂肪球同志がくっついて固くなっていくという現象なのでその脂肪球を速く壊すような立て方が一番向いているとされています。

くるくる混ぜるようにするとそれは乳化させたい時には向くのですが生クリームを早く立てたい時には向きません。

また卵の泡立てのように泡を抱き込ませたいわけではありませんのでそれも向かないということになるわけです。

 

このような基本も講師養成講座で学んでいきます。

 

関連記事

  1. お菓子教室の先生になるためには プロローグ 高橋教子からごあ…

  2. パンケーキ(ホットケーキ)を焼きむらなくきれいに焼く方法

  3. お菓子教室の先生になるためには 自宅教室開業のお話 その1 …

  4. 電動ホイッパーで生クリーム(ホイップクリーム)を飛び散らさず…

  5. お菓子教室の先生になるためには 教室開業のお話その3 開業す…

  6. いちごのショートケーキ 普通の包丁できれいに切るためには?

  7. オンラインレッスンの方法

  8. お菓子教室の先生になるためには 教室開業のお話その4 写真を…

  9. お菓子教室の先生という職業の魅力は何ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。